TOP ご案内 
診療時間とお休み
地図・交通案内
当院の特徴
院長ご挨拶
院内風景
インフルエンザ
禁煙外来
健康診断
慢性の咳
無呼吸症候群
花粉症
 
提携病院
長岡赤十字病院
長岡中央綜合病院
立川綜合病院
長岡西病院
 
おすすめリンク集
日本呼吸器学会
日本睡眠学会
日本肺がん学会
国立がんセンター
日本アレルギー学会
日本糖尿病学会
長岡医師会
長岡市役所
新潟県
厚生・労働省
電子カルテ
 
HP制作
リゾートマンション・ひまわり
0901755
花粉症について

 アレルギー性鼻炎の中には季節と関係ない通年性のものと、季節に関係する季節性のものがあり、花粉症は季節性のアレルギーです。
 花粉症は、くしゃみ、水性鼻汁、鼻閉を3主徴としますが、その他に眼の痒み、慢性の咳、皮膚炎、下痢、微熱を合併することがあります。

 
花粉症 Q&A
花粉症の主なアレルギー源は
  1. 杉(2〜4月)
  2. ヒノキ(3〜5月)
  3. イネ科(4〜10月)
  4. ブタクサ(8〜9月)
  5. ヨモギ(10〜11月)

などです。1、2は春、4、5は秋に見られます。スギ花粉が有名なため花粉症は春のものと思われがちですが、秋でも起こりうることがわかります。またハウスダストやダニによる鼻炎は一年中起こり得ます。

花粉症の治療方法は
  1. 患者様と医師との十分なコミュニケーション
  2. 抗原の除去と回避(外出時のマスクの使用)
  3. 薬物療法(坑ヒスタミン剤・ステロイド剤の局所療法や内服療法)
  4. 特異的免疫療法
 1の意味は、患者様一人一人の抗原を知るだけでなく、そのライフスタイルとニーズにあった治療法が選択されるべきだということと、地域、年次によって異なる花粉飛散状況を理解するということです。
現在、多くの薬剤が発売されており、患者様は医師と十分に話し合うことで症状やニーズに一番合ったものを選択することが出来ます。
 まず専門医に相談することをお勧めいたします。

長岡市古正寺3丁目12番地  越後交通本社前バス停 徒歩1分 
TEL:0258-25-8282・FAX:0258-25-8283  http://www.sinbo.jp info@sinbo.jp